必要性

なぜ、不燃天然木・準不燃天然木なのか?

木材が好まれる訳

木のふうあい

身体へのいたわり、精神的
なやすらぎを感受

環境への配慮

森林資源の積極的な活用
は、森林の再生を促進

日本人の伝統

数千年来の木造建築へ
の親しみと信頼

木材の不安要素

火災

シロアリ

腐食

解決策⇒不燃天然木・準不燃天然木の使用

防燃性能

国土交通大臣による不燃・準不燃材料認定

防蟻効果

シロアリ忌避率98.9%を実証

防腐性能

JIS K1571(木材保存剤の性能試験方法及び性能基準)準拠。耐酸化性にもすぐれ、防腐効果が長持ち

火災への懸念から多種に渡る法令による規制

耐火とは、「建物の部位の耐久性」により、その建物の中の人間の安全を確保し、さらには「建物内の延焼を防止」するのを言います。

防火とは、「隣の家の火災などから火が移らないようにする性能」を言います。つまり建物間の延焼を防止する性能です。

防火材料の技術的基準

(1)不燃材料

(法2条九号、令108条の2)

通常の火災による火熱を加えられた場合に、加熱開始後20分間燃焼せず、防火上有害な、変形、溶融、亀裂、その他の損傷を生じず、かつ避難上有害な煙又はガスを発生しない材料です。
主な品目・・・コンクリート、せっこうボード(厚さ12mm以上)、等の材料が該当します。
(平12建告1400号)

不燃天然木

(NM-0750・NM-0917)が該当
厚さ:18mm~500mm・15mm~50mm

(2)準不燃材料

(令1条五号)

通常の火災による火熱を加えられた場合に、加熱開始後10分間燃焼せず、防火上有害な、変形、溶融、亀裂、その他の損傷を生じず、かつ避難上有害な煙又はガスを発生しない材料です。
主な品目・・・せっこうボード(厚さ9mm以上)、等の材料が該当します。
(平12建告1401号)

準不燃天然木

(QM-0255)が該当
厚さ:12mm~50mm